2017年5月20日土曜日

フェーン現象

今日はフェーン現象で真夏日、帯広は30度越え。
昨日もです。
今月頭には雪が降ったというのに…
つい先日も寒くて昼間もストーブ炊く日があったんだけど。
日々、着る物に悩まされます。
今日は窓はどこも全開、布団も干して、あつあつ

確かに高知にいた頃、今日の最高気温は帯広だって、
って日が今時分あったなあ。
体はついていけるだろうか。

ただ湿気は少ないので、サッカーから日に焼けてかえってきた次男は、
「高知でこの気温より涼しい。これより低くても暑かった」と。
 
畑はからからだけど、先日植えた種からは芽が出て来ました。
さあ、これから草と悪戦苦闘だ。
高知ほど虫はいないことが救い。

2017年5月2日火曜日

サイタサイタサクラガサイタ

昨日は、うちの前の梅ノ木が開花、帯広は桜の開花宣言!
まさに春到来。
こぶしも桜も梅も競って咲き出しました。
本州から一ヶ月遅れの春。
洗濯物も外に干せるし、何と言っても布団が干せる喜び。

うちの周りの庭や空き地には、
ふきのとう、カンゾウ、にら、少しの行者ニンニク、たくさんのつくしが生え、
チューリップ、ムスカリ、クロッカス、二輪草、
もちろんたくさんのたんぽぽが咲いています。
半年前に引っ越したときには庭には草も枯れていて、
すぐに雪に覆われてしまいました。
雪がとけ、暖かくなり、庭の様子が見えてきたところです。
短い春と夏が始まりました。

ちょっと走ると、農村部ですが、
そちらでは畑が稼動しています。
雪解けと共に秋撒き小麦が姿を現し、
今はビート(砂糖大根)の定植に忙しそうです。
大きなトラクターが畑に繰り出し、
広大な畑に人がちらちらと見えています。

北の大地では春の到来は遅く、冬は早く始まります。
私が引っ越して半年、ほとんど冬でしたからね。
この短い期間に生命力がほとばしります。
こんなにめりはりのある暮らしも楽しいものです。

2017年4月27日木曜日

春、春、春

十勝にも春が来てます。 
ザゼンソウ、福寿草、そしてコブシも咲き出しました。
4月になって雪が何回か降っちゃったけど、
梅も桜もまだ咲いてないけれど、
いっぺんに春はやってきます。
だからレンギョウも咲き出してました。
桜は札幌では開花しだしたようです。
桜前線は東北から海を渡るのに1週間かかるそうです。
庭の梅もたくさんつぼみをつけています。
連休はどっと花盛りですよ。

先日、くもっちゃったけど、
アイヌねぎ(行者ニンニク)を採りに出かけました。
夜はアイヌねぎ祭りでした。
春です。
路地の野菜なんて、まだ種も植えられないけど、
スーパーにはハウスものの地元葉野菜が並びだし、
山菜の宝庫だから、
今は浅葱とか行者ニンニク、
もうすぐたらの芽にコゴミ、イタドリ…
忙しくなりますよお。

2017年4月15日土曜日

4月始まり 長男編

先日は22度まで上がり、翌日は春一番のような大風が吹き、
そのまた翌日はは8度までしか上がらないという、
夜になって雨が降り出したかと思うと、朝起きると雪景色、
ま、これも春らしいのでしょう。

さて、長男は2年前に大学進学とともに、家を出て一人暮らしを始め、
そしてこの春、大学を休学しオーストラリアへ1年間のワーキングホリデーへ旅立ちました。

外国へ行きたいとは前から言ってましたが、
中学生の時、交換留学で行ったオーストラリアへ
まずは行く事にしたようです。
うちでは大学進学と共に生活費は支給してません。
学費だけは出そうということで、他は奨学金とバイトでどうにかやりくりしていました。
その割りに電化製品、服に車、スノボまで、
私にしてみれば目標があるのなら切り詰める余地はたくさんあると思うのだけど…
欲というものは若さの証拠かもしれません。
パスポート取得、ビザ申請、引越し(引き払い)費用、
もちろん渡航費用、もろもろ…
旅立つときは車を買ってもらった現金握り締め状態。
とりあえず、向こうでのしばらくのホームステイ先や仕事の手配までは、
自分で段取りできたということで、及第点でしょう。

渡航の前に生活を整理した彼は北海道へ荷物を預けにやってきました。
半月ほどの久しぶりの賑やかな我が家でした。
男の子ですもの一人暮らし始めてから、連絡は必要最低限でした。
久しぶりに長男と暮らしてみて、ゆっくりとたくさん話す時間が持てました。
バイト先で学んだ働くことへの考えや周りの人との関わり、
大学の課題で知り合った職人さん、
漠然とでも将来のビジョンを持っていることも、
かわいい彼女がいることも…
その彼女も一緒に行く事になったいきさつも。
こんな風に彼と暮らすことはもうないかもしれないなあ、なんて感じたりもしました。

できれば卒業してから行ってほしかったけど、思い立ったが吉日だろうということで。
一緒に暮らしていると、うるさい母ちゃんになってしまうから、
離れているほうが息子を冷静に見られる気がします。
高校生の頃はもう思春期真っ只中で、
こちらもいらいらすることが多かったけれど、
だいぶ大人になった彼に、母ちゃんは嬉しくなりました。
夫以外の大人同士だけど家族って感じ?
やっぱり親にとって、子どもはいつまでも子どもなのかもしれないけれど、
大人として彼を相手にすることができる幸せ。
オーストラリアで色んな経験を積んで、
また大きくなった彼に会うのが、今から楽しみです。
がむしゃらに頑張れ!

2017年4月5日水曜日

4月始まり 長女編

















一ヶ月ぶりの投稿です。

とうとう4月になりました。
十勝も春です。
最低気温もマイナスになることが少なくなり、
ここ何日かはプラス2桁!
プラスになった時点で、春が来たなあって思っていたから、
梅もこぶしも桜もまだだけど、春本番って感じです。
ふきのとうも食べたし、新芽も草も芽吹いてきたし、
何と言っても窓を開けられるようになり、洗濯物を外に出す気分になったし。
きっとまた寒さが来る日もあるでしょうが、今週は5月の陽気になるみたいで、
冬が好きな私も春の開放感を嬉しく感じています。

そして我が家はこの春新しい門出が続出です。
長女は3年間の岡山での生活、仕事に区切りをつけ、大阪で新生活を始めました。
長男は大学を休学して、オーストラリアにワーキングホリデーに旅立ちました。
3月に2人とも十勝にやってきて、久しぶりに家族5人が集まりました。
一年ぶりです。
新たな生活を始める2人とゆっくりと食べたり出かけたり話したりできました。
昨年は移動の多い年でした。
落ち着かない気分で過ごすことが多かったです。
しかし、4月、それぞれが新たな春を新たな気分で始められている気がします。
この陽気も加勢してうきうきです。

長女は岡山で社会福祉の仕事を3年間続けました。
夜勤もある不規則なシフトで、体力も精神力もいる大変な仕事だったと思います。
実家を出ての生活、いろいろと不規則になり、ストレスもありアトピーは悪化しています。
いいことも悪いこともあっただろうし、新しい気づきもあったようです。
同級生が大学卒業を迎える春、大学に行けなかったことを今更ながらに悲しんでいたようです。
でも自分でやってきたではないか。
同じように4年間きちんと時間は過ぎて、その分立派に働き、経験を積んできた。
決して無駄ではない4年間。
大学で学びたいことがあるなら今からだって行けばいい。
話していると、自分に自信がなく、若いのにあきらめに似た感情が大きく、
何となく将来に期待していないところがある長女。
世代的にもそういう傾向にあるのかもしれない。いわゆる「ゆとり世代」

私が若くなくなったから若い人を見てそう思うのかもしれないけれど、
若いんだもの、大きくなくても漠然とでもいいから将来に希望を持って、
何かにうきうきとして楽しく暮らしてほしいものです。
自信過剰はどうかと思うけれど、それだって若さの特権かもしれない。
今のところ何の枷もない身軽な身の上、うらやましい限りなのよ。
今まで積み上げてきた経験は自信を持って、次の好奇心を発露してほしい。
やりたいことなんてそんなに簡単に見つからないもの、ま、何でもやってみるといい。
趣味が違いすぎて、私の元でどうしてこんな娘が育ったのか不思議なところですが、
ま、どこに出しても恥ずかしくありませんよ、母は。

大阪では雑貨屋さんでバイトが決まったようで、
自分の将来をいろいろと模索しながら
彼氏と新婚のような同居生活を始めています。

2017年3月4日土曜日

まだ見ぬ鳥の気配


二月が終ってしまいました。早い。

最近雪が降っても、すぐに溶けるのですが、
家の前を雪かきしました。
すると玄関のすぐ前に、鳥の足跡…かわいい。

うちの庭には鳥がやってきます。
どうにかわかっているのは、
シジュウカラ、ヒヨドリ、アカゲラ、ツグミ、カラス…
わかるようになると嬉しい。

近所にシマフクロウが棲んでいると言われている巨木のうろがあります。
たまにそこをのぞこうと思っています。
いつの日か出会うことができるでしょうか。
野生のふくろうはまだ出会ったことがありません。

近くの帯広神社に早朝行ったら、
エゾリスが何匹もちょろちょろしてます。
人に慣れているようで、警戒もせず近くまで来てかわいいです。

北海道でも春の気配はちゃんとあります。
気温はプラスまで上がる日が多くなり、
マイナスも二桁になる日は減りました。
昼間、雪は徐々にとけていき、
庭の梅の木にはきちんと新芽が出ています。
日は長くなり、日差しは優しく、
きっと雪の下では春の準備が着々と進んでいることでしょう。
山菜採りが楽しみ。

2017年2月18日土曜日

年を取ったと感じること

日常に年を取ったなと感じることは多々あります、が、
最近、ふと感じたこと。

息子がちょくちょくこの世の終わりのごとくうなだれます。
ま、その原因は年頃ですもの、母になんて言いません。
でも、少しの言葉を拾ってみると、大まかに感じることはできます。
たいていは人間関係。
そして、私にとって見れば棒にも箸にもかかりませんが、
でもでも彼にとっては一大事なんでしょう。
そこで、若いなあ、って感じる。
まだたいした苦労なんてしたことないから、それは大変な事態。
人目が気になる、どう思われているんだろう、嫌われてはいないか、
恥ずかしい、一言に傷つき傷つけ、なんてことは、おばさんは大らかになります。
きっと若い頃、私もそうだったのかも。
あ、私は年取ったから、そんなこと気にならないんだ…
年を取るとその点、生きやすい。

身体のこと、一番年を感じるところです。
もちろん、書類は離すようになりました。
去年からいくつか体の不調を感じて、ネットで調べてみると、
ことごとく原因の一つに「加齢」があります。
笑っちゃいますよ。
どこかに違和感を感じると、なんだかそれは重大な病気のサインではないかと不安の種になる。
若い頃だったら気にもならなかった変化だったりするんでしょうが。
その点、年を取ると生きにくい?
いくつかの不調は仕方のないこととして、
できるだけ体力は維持したいものです。

どうあれ皆等しく残りの時間は刻々と減っているわけで、
若い頃はその時間は膨大に思えて気にもならないんだろうけれど、
年を取っていくと、その時間は限られていることに実感が湧いてしまいます。
いや、だからって悲観しているわけではなく、
限られた時間を楽しく過ごしたいとは思ってしまいます。

若い息子を見ると、
そんなことでうじうじしてないで、その時間で楽しいことしたらいいのに、
その若さはもどってこない、時間がもったいない、
なんて感じてしまう、それが年を取ったということかしら。
そんなことに悩んでしまい無駄と思える時間を使うこと、
それが若いということですな。

2017年2月15日水曜日

プラス気温

帯広氷祭りにて
明日からまた北海道は寒くなるらしいですが、
しかし連日のプラス温度です。
最低気温もマイナス1桁。
暖かいです。
ビールを冷蔵庫に入れなくは。

今年は特に寒いからねえ、大変でしょ…ってよく言われるけれど、
ま、この冬特に寒いか、分からない私たちは、
冬を楽しんでいるし、この暖かさが春の気配で、
少し寂しさも感じるくらい。

最近はコーヒー豆を生豆で購入して、
自分で焙煎する楽しみを知りました。
自分で焙煎した豆でコーヒーを淹れるのが楽しい。
淹れたコーヒーはおいしいことはおいしいですが、
微妙な味は分からない私は、専ら淹れる事が楽しい。
息子も最近コーヒー好きになり、淹れる役目を取られたりします。

パンもたまに焼いてます。
まだ自家製酵母はたてていないので、ドライイーストですが。これも自分で焼くとおいしい。

それと生ハムを作ってみました。
しょっぱいけれどおいしいし、簡単で安い。色はあまりきれいでないけれど、
売っている物が添加物できれいな色をしているのだな、と思わせてくれます。
加工品は裏(原材料)を見ると、買うの躊躇しちゃうことしばしば。
珈琲焙煎修行中
簡単にできるものは、作ったほうが安心かな。

干し芋が手に入り、かんころもちを作ってみたり、
クルミ餅を作ってみたり

北海道は冬場になると地元の野菜が極端に少なくなるので、
糠漬けはほぼ休眠中。
たまに漬けて、混ぜて、どうにか息をつないでいます。
てなことで
縫い物も開店休業状態、とほほ…


2017年2月11日土曜日

立春、そしてタウシュベツ

夏は湖底のタウシュベツ川橋梁
 
2月もあっという間に10日も過ぎてしまいました。早いっ…
4日は立春でした。
FBで「梅が咲いた」とか眺めながら、「ここ十勝はまだ冬真っ只中、春はまだまだ」って思ってました。
高知ではもうふきのとうを探しに行っていた頃かしらって。
しかし十勝は十勝なりに春に向かっているようです。
日はだいぶ長くなってきたし、日差しの柔らかさは増してきたし、
空気の刺さり方は優しくなってきたし…
最低気温はまだ2桁になることが多いけれど、昼間は1桁になると違うもんです。
2桁と1桁はほんと違います。慣れるもんです。

気持ちのいい林の中を進む
プラスになった時なんて、暑いって感じちゃうくらい。
十勝は晴れることが多いから、その分気温は低いんです。
昼間は日差しでぽかぽかでも夜は放射冷却で、
北海道の最低気温になる日も多い。
それでもそれでも雪の溶け方はハンパないです。
きっとまだ寒波は来るんだろうけどね。

そんな春を感じる陽気の中(でもマイナス)、
東大雪、糠平湖に友人と行ってきました。
目指すはタウシュベツ川橋梁。
1987年(昭和62年)に廃線になった国鉄士幌線には
いくつかのアーチ橋があります。
その中のタウシュベツ川橋梁は、
糠平湖(ダム湖)の水が少ない1月ごろから凍結した湖面に姿を現します。
5月ごろから沈み始め夏には湖底に沈み、
幻の橋といわれているそうです。

手前はきのこ氷、奥は大雪山系

糠平湖は凍ってました。見事に。
湖畔の林をスノーシューをはいて歩き、
視界が開けると、きっとそこは湖なんだろうけれど、どうみても雪原で、
その奥の方に橋梁が見えていました。
凍り始めてからも水位が下がるらしく外周の辺りは厚い氷が隆起していて、
きのこ氷なるものもありました。
凍った湖の上を橋梁に向かって歩いていきます。
夏は水の中であろう場所の視線はとてもおもしろいものです。
林の向こうには大雪山系が美しく、
いつもは遠くにそびえている山がだいぶ近く見えていました。

空気は澄み渡り、風もなく、
冬のピークは過ぎたなと思わせる清清しい青い空と白い風景。
近づくと意外とでかい、夏は湖底に沈むのか
夏に十勝に来たとき、とても息がしやすかったことを思い出しました。
穏やかな友人にあれこれと話しを聞いてもらい、けらけらと笑い、
箸を忘れて、お弁当を分けてもらって…
なんだか久しぶりに日常から開放されました。

北海道は自然の宝庫です。
ここまで北にくると思いもよらぬ自然現象も多いです。
あ、今回も熊注意の看板いくつもありました。どこにいても普段の生活って変わり映えしないけれど、
せっかくだから北海道、それも冬の北海道を堪能しないと損ですよね。



説明を追加






2017年1月29日日曜日

正義

お正月に友人何人かとうちで酒盛りをした。
私はお酒はほとんど飲まないけれど、その場にいるのは好き。

ある話題から派生して、夫の先輩は言った。
「最近さあ、世の中全体、色んな事で正義がなくなっているって感じるんだよね」
「俺さあ、正義って大切だって思うんだよ」
私はつくづく『正義』っていい言葉だなって思った。

彼が言うには…
うーん、なんて言うのかなぁ、
例えばさあ今日家で箱根駅伝見てたんだけどさ、
なんか強い大学が最初力を温存していて、
最後にがーーーーっと走るわけよ。
最初っからがーーーーと走れよって言いたくなるわけよ。

わかる、例えはあれだけど、その気持ちは分かる。
箱根駅伝ともなると、そこに行くまでにも大変で、
色んなデータ、分析の下、練習し作戦が立てられ、駆け引きがあり、
がーーーと走れても走らない、そしてその方がタイムが良かったりするんだろう。
それも分かる。
やっぱり例えがあれだけど、これは正義じゃないとは言わないだろうから。

バカ正直に最初からがーーーととばす人を、
一生懸命にやっている人を、
まじめにやっている人を、
こつこつやっている人を、
外から冷たく見ている空気が何となく流れているのかな。

世の中色んな場面で正直者がバカを見る的なことが起きている。
色んなことに裏があったり、利害があったりする。

以前に「鈴木先生」っていうドラマを見たとき、
まじめに頑張っている子がないがしろにされていることを感じた。
それに目を向けてくれる先生は必要だ。
手のかからないいい子ちゃんは、たいがい目立たないんだけど。
やんちゃな子はどうしても注目されがちだし、
そんな子は意外とかわいがられていたりする。
それは別に悪いことではない。
ただ、まじめにやっている子も同じように問題を抱えていたりするし、
それでも頑張っていたり、努力してまじめにこなしていたりする。
やらなきゃいけないことをきちんとやれることは素晴らしいことだけど、
まじめにやっている子は、それが当たり前とされて、ほめられたりしない、ことが多い。
やんちゃな子は掃除の時間にちょっと掃除しているだけでほめられたりする。
それは、まじめな子はおもしろくないに決まっている。
ま、私もどうしても手のかかる子に目が行きがちだけど、
子どもはたいてい目をかけてほしがっている。
そのアピールが強い子は得をするのか。
あ、またまた正義とはちとはなれちゃった。

ということで、お正月、正義を考えて、
私の中の正義、まわりの正義を大切にしたいと思った次第です。

2017年1月27日金曜日

雨?

今日は北海道でも雨のところがあるくらい気温が上がっているみたいです。
どうしたことでしょう。
でもこの時間(午前11時)、十勝は曇っていて、家の中はストーブつけたまま。
いくら今日が暖かくなっても、きっと帯広は雪だろうなあ。
午後はバイトなのに帰りはきっとつるつる滑っちゃうんだろうなあ。

車の運転だけは大変です。
雪が降った日や、その後は圧雪アイスバーン、それはまだましです。
変に暖かかった日、すこーし表面が濡れて、滑りやすくなります。
国道などは除雪が早く入るので、けっこう早く溶けてはくれます。
でも昼間に溶けてじゃりじゃりになり、でも溶けきる前に日暮れ。
恐ろしいブラックアイスバーン…
十勝は降る日が少ないので、国道などはすぐに普通に走れます。

さてうちの屋根の雪は晴れた昼間に少しづつ溶けてスライドし、
しかし日暮れは早くすぐに気温は下がり、つららが徐々にのびてます。
これが昼間に勢いよく落ちることもあり、家が地震のように震えます。
そしてその下にいたとしたら、間違いなく死にますね。
パウダースノウは軽く雪合戦もできませんが、
昼間に表面が溶かされ、それが凍り、重く硬くなった雪は凶器です。
寒すぎて、結露しても溶け出しても、すぐさま凍るという…


2017年1月14日土曜日

十勝冷え、十勝晴れ

さてさて十勝は冷えっ冷えです。
今朝はマイナス26度まで冷えていたみたいです。
昨日の最高気温はマイナス11度。最高も二桁。
こうなると寒いを通り越して…
しばれるって感じ?
こんな中歩くと鼻の中まで凍り、もしゃもしゃします。歩いてないけど。
今週はほんとに冷えてます。
これで曇っていたり吹雪いていたりすると心まで凍りつきそうですが、
晴れているので日当たりの良い居間ではストーブも消しました。

最近はトイレの不凍栓を落としていますが、昨夜はお風呂も落としました。
お風呂の窓も天井についた水滴も凍ってます。
あ、入るときは溶けてますよ。
朝は居間の二重窓の外側にもきれいに薄く氷が張っていて、
結晶柄のすりガラスのようになっています。これも今は溶けてます。
朝、拭いたばかりの湿った手でトイレのドアノブに触れたら、くっつきました。
水洗トイレの中のたまった水も凍り始めていたようです。
昼間でも凍って流れなくなってしまったので、トイレでストーブ焚きました。
何だか色んな現象に笑ってしまいます。

玄関のところを食料の保管場所にしていたんだけど、
とうとう昨日は野菜が凍り始め、急いで他の場所に移しました。
凍らないように冷蔵庫に入れるの始まり。
しかし、全部は入らないので、芋や玉ねぎは座敷に囲ってあります。
凍り玉ねぎはありみたいだけど、凍りジャガイモはでんぷんになってしまうんですよ。
豆腐も凍らせて凍み豆腐になります、外でできます、はい。
冷凍庫より寒いということです。

救いは十勝は晴れているということ。
外は相変わらず根雪で白い風景ですが、
その眩しい景色を温かい室内から眺めています。






2017年1月12日木曜日

冬休み

北海道はまだ冬休みです。
次男は5日から部活が始まりましたが、
冬休みは今週いっぱいまで。
なんだか私も曜日があやふやなまま。

今日はフットサルの大会で、早朝から近郊の体育館まで送っていきました。
冷え込みが激しかったので、川からは湯気が上がり、樹氷がとてもきれいでした。
北海道でも日本海側は吹雪みたいで、ここは晴れていて助かります。

しかし、どこにいっても学校や部活に違和感を感じています。
冬を迎え、根雪になって久しく、次男の高校では多くの子が親の送り迎えつきです。
それが冬休み中は、部活のために送り迎え…そしてその時間はまちまち。
学校は冬休みでも世の中はもうお正月は終わり、平常モード。
共働きの家庭は多いはずなんだけど。
うちはそれがいやで歩ける距離に家を借りましたので逃れていますが、
平日に練習試合が入ると、会場までうちでも送り迎えです。
今日の大会も平日。
私立とかはバスを持っているし、
非常に遠いところや運動に力を入れている高校は貸し切りバスとか。
遠征とか合宿とかでは、最近はいいとこ泊まるから参加費の高さには驚きます。

公立校でさえも高校へ通わせ、部活を続けることの親の負担は大きいです。
子どもも自力で会場へ向かえる自由と自立心、責任を感じ、
そのためにも公共交通機関や大人の配慮が必要だなあ。
まあそのうち出ていきますけどね。

2017年1月5日木曜日

2017 あけましておめでとうございます
























2017 根室納沙布岬の初日の出です。
12月の30日の夜、風連湖畔の宿を予約し、31日に前泊し、2017年1月1日初日の出を拝んで来ました。
日本でおおよそ一番早い初日の出です。午前6時29分。約マイナス15度。
だいたい全国的に穏やかな晴れだったみたいで、あちこちで日の出が見られたことと思います。
毎日日は昇っているのになぜか初日の出は特別感があるのですね。
日本人的なのかな。
晴れてる日もあれば曇りも荒れた天気もあるのに、
初日の出が見られないと縁起が悪い気がしてしまうのはなぜかしら。
 
2016年は移動の多い年で、秋には北海道十勝に落ち着きました。
大きな問題はないけれど、気の落ち着かない年だった気がします。
移動はまた何年後かに控えており、いつかどこかに定住する日が来るのだろうか…
ま、今年は短い滞在(予定は2~3年)の北海道 を堪能しつつ、
落ち着いて暮らし、何か先のことを計画しつつ、新しい何かもつかめるといいな。
 
2017年
長女は岡山から大阪に引越し、新たな何かを模索する年、
長男は大学を休学し、オーストラリアかどこかに海外経験を積みに出るようで、
次男は高校生活を謳歌しつつ、その先を見つめ、
私たち家族は誰も腰を据えていない…
あちこちで暮らしていても、どうにか元気で前向きでいたいものです。
 
今年も何卒よろしくお願いします。