2017年8月22日火曜日

次男 夏休み終了 自転車の旅編














ほぼ毎日部活の日々の次男、夏休みに高知に行きたい…
という夢は諦めました。
が、仲良くなった友人とロードバイクの小旅行。
天気の良くなかった8月、キャンプは諦め、日帰りの旅。
帯広から足寄へ往復130キロの旅。

母としてはもう少し冒険できるキャンプつきが良かったけれど、
友人は遠距離自転車初心者だし、サッカー部2人一緒に休む勇気はないようで、
お手頃で良かったんじゃないでしょうか。

曇り空の中、早朝出発。
北海道ならではのまっすぐな道路を気持ちよく走れたそうです。
足寄にはウッディーベルというハンバーグ屋さんがあって、
そこで昼食を食べるのが目的。
観光シーズンで混んでいたようで、テイクアウトして道の駅で食べたそうです。
そこでは足寄出身の松山千春の歌がずっとかかっていたとか。
途中おもしろいアイヌの地名や川の名前、どこからどこまでが坂だった、
そういうことは親の車で移動していると気づかないこと。

そうやって自分の体を使って、経験すること、目の前の人と関わること、
それはバーチャルでは経験できない自分の糧となるはずです。





2017年8月19日土曜日

次男、夏休み終了 ロケット編 


















北海道の夏休みは短く、お盆終了と共に高校の新学期が始まりました。
8月に入ってからというもの天気が優れず、とても十勝らしくない気候です。
最高気温が20度前後という肌寒いくらいです。
そう、もう暦は立秋を過ぎ、十勝はまさに秋を迎えているのです。

次男の夏休みはほとんどが部活に消えていきましたが、
楽しみも何度かありました。
その一つにロケット打ち上げ。

十勝の大樹町というところにインターステラという民間のロケット開発の企業があります。
そうあのほりえもんが創始者。
そこが開発したMOMOというロケットの打ち上げ実験が7月の末にありました。
次男は天文とか宇宙とかの方に進みたいという進路を一つ持っています。
こんな近くでロケット打ち上げがあるんだもん、部活休んでも行くべきでしょう。
ってことで行って来ました。

しかししかし、なかなか条件が整わず次の日に延期。
打ち上げるのは延びに延びて次の日の夕方5時直前。
肉眼で打ち上げ現場は見られないのですが、打ちあがったロケットは見える予定…
だったんですが、霧が深く音だけが響き、そこにあるはずのロケットは想像の世界となりました。
音だけも迫力はありました。

そして、打ち上げを待って、車中泊で24時間以上費やしました。
久しぶりにそんなことしましたよ。
打ち上げ予定時間になるとパブリックビューイングの前に行き、
打ちあがるであろう予定の空を見上げ、
中止のアナウンスがあるとがくりと首を垂らし、
また次のチャンスまで時間をつぶす、の繰り返し、
そしてやっと打ち上がると、霧で見えず、
そして66秒後に予定の海域に墜落したそうです。

何かを待って何もできず長時間をつぶす。
日々の生活の中でそんなことはまずない。
その間にふくらむ想い、
その後打ちあがった時の喜び(見えなかったけど)、
それは大きな夢を追っている人達の喜びのおすそ分けをいただいた気分でした。
ロケットにも天文にも興味は薄いんですが、
応援したい気分になりました。

インターステラは大好きな宇宙を仕事にすることを実現している人達です。
民間でロケットを身近な部品で飛ばす、というミッションの元、
きっと楽しい日々なんだろうな。
今回の打ち上げ実験で得た課題をクリアし、また次の打ち上げを楽しみに待ってます。
是非、私たちが十勝にいる間に実現してほしいです。

あ、次男は見えなくても満足したみたいです。
講習会も部活も休んじゃったけど、きっといい刺激になったはず。

インターステラ
http://www.istellartech.com/mission













































2017年7月31日月曜日

小麦刈り取り


猛暑日が続いた後、最高気温が20度も下がり17度、
涼しいどころか寒い。
さすが北海道。

さてさて、畑でいろいろと収穫できるようになりました。
レタス類、ルッコラ、インゲンはおすそ分けできるくらい。
ズッキーニ、カリフラワーも採れました。

でも寒く雨のない6月上旬、暑すぎる7月、
安定しない気候のせいか、
とうもろこしは私の腰程度で穂をつけ実をつけてしまいました。

十勝の畑では秋蒔き小麦が色付き刈り取りが始まりました。
とうもろこしも背が高くなり、
ちょっと車を走らせると広大な畑が広がりその先に連なる山々を見ると、
北海道の空はとにかく広く広く広がって、やっぱり息がしやすい。





2017年7月13日木曜日

デッキ竣工、猛暑到来

夏至を過ぎ、日は徐々に短く低くなって来ているというのに、
な、なんと、帯広は30度越えの真夏日が続き、今日は猛暑、35度越え。
記録的な猛暑!

夏日があっても続かず、畑の作物はなかなか大きくならなかったのに、
最近の猛暑続き、さらに雨が降らないという…

こんなに暑い日が続いて、ほんとに寒い冬が来るのか?
と不安になったりはしませんよ。
きっと急に寒くなるんだろうな。
この気温差に体はついていけるだろうか…


この家に引っ越してきたとき、デッキがほしいねと話してはいましたが、
3年しか住まないしからもったいないなあ…なんて思っていたのです、
が、やっぱり作ろうと、腰を上げた、ものの、
忙しかったり、天気悪かったりで遅々として進まず、
短い夏の間にできるだろうか、とびくびくしておりました、が、
どうにか今年の夏に間に合いました。
外と簡単につながることができる空間は大切です。
この北海道でも季節を堪能できます。
短いからこそかもしれません。
風呂上りにデッキでビール、ですよ。

さあ、この短い夏を体感しに、十勝へおいでませ。



2017年6月22日木曜日

夏至

昨日は夏至。
あーとうとう夏至…
日に日に日が短くなるということで…
北海道、なかなか夏になりません。
去年は雨ばかりの夏だったようだけど、
今年はどうなんでしょう。
春が来て、暑い日が出てきたかと思えば、
ストーブ焚くほど寒い朝があり、
そう、なかなか夏らしくなりません。
最低気温が一桁になる日もあるし、
今日も最高気温が20度に届きません。
このまま夏が終ってしまわないかと、気が気じゃありませんよ!

十勝の朝は早く、今は日の出が3時台、よって空は3時前から白みだします。
日の入りは7時過ぎで、高知より日照時間は長いのですが 、
気温がなかなか安定しません。

今年初めてセロリを種から植えました。
未だにとても小さい芽です。
これが冬が来る前に収穫できるのか…とても心配な毎日です。

2017年6月11日日曜日

6月始まり 次男編

 さて、次男、高校2年生になりました。
転入して半年が経ち、どうにか落ち着いてきました。
高校での転校がこんなにやっかいだとは思いもしませんでした。
次男のこの世の終わりがやっと終りました(笑)。

次男は物心ついたときから高知で暮らしていたので、
高知出身と言っても過言ではありません。
そして始めての引越しが多感な高校生で、
また高知から北海道という、遠距離、言ってみれば外国のようなとこで、
本人の不安を超えてましたね。
って、まあ何が大変かって、些細なことなんですけど。
それは私にとってであって、まだ16年しか生きていない彼にとっては、
思いの外、環境が変わるということは重いことだったんでしょう。

最大の苦痛の原因の部活は、辞めることなく頑張っています。
そんなに苦痛なら辞めて、他の楽しみを見つけること、
短いかもしれない北海道を謳歌すること、
バイトしてオーストラリアに行くこととかを勧めたんですが(笑)。
保育の年長からずっと続けてきたサッカーを辞めることは、
自分の一部をなくすような、なんだか勇気のいることなんだろうな、
と、そんなに続けてきたことのない私は思いました。
そして、揺れる心は続けていくことに決心をつけたようです。
やっと踏ん切りをつけたということでしょう。
今でも愚痴は言いますが、以前とは違います。
それくらいは聞いてあげます。

友達ともだいぶうちとけたようです。
うちは学校から1キロくらいで、ま、高校生のたまり場には絶好のロケーションです。
でも、最初の頃、うちがぼろい、と言われたことから、
なかなか友達を連れてきませんでした。
次男は見栄っ張りですから。
でも、今では泊まりにくるくらいの仲です。
連れてきて中に入ってしまえば大したことありません。
うちで昼ごはんを食べて、3時ごろになると六花亭に行ってケーキ食べたりもしてます。
先日は気候も良くなったので、外でジンギスカン、朝も作りかけのデッキで朝食。
エンジョイしてますよ、高校生活。

感情的にいやだいやだと考えて下を向いてばかりでなく、
何がいやなのか、何がこんなに気を重くしているのか、
その解決法はあるのか、解決できないならどうして気を軽くするのか、
そういう風に冷静に分析することは大切なことです。
そうすると、なんだか悩んでいたのがバカらしくなったりもするものです。
些細なことで傷ついたかと思えば、小さなことでうきうきしたりもするもの。
理想や夢を持つことは大切だけど、全てがかなう訳でもなく、
妥協したり、今ある環境を楽しむことも大切です。

いつでも何でも無難にこなし、周りは自分をずっと知っている人の中で暮らしてきて、
その中から少しはみ出た高校で慣れた頃、引越し転校。
できかけていた自我を表現し理解してもらうことは初めての経験だったのかも。
自分の居場所を作ることは意外とむずかしいものです。

きっと暗黒の日々を笑い話として思い出す日が来るでしょう。
今でも小さいことでうじうじしたりしてますが、何かをふっきった彼は、
少し大人になり、今を楽しく生きているようです。





2017年5月20日土曜日

フェーン現象

今日はフェーン現象で真夏日、帯広は30度越え。
昨日もです。
今月頭には雪が降ったというのに…
つい先日も寒くて昼間もストーブ炊く日があったんだけど。
日々、着る物に悩まされます。
今日は窓はどこも全開、布団も干して、あつあつ

確かに高知にいた頃、今日の最高気温は帯広だって、
って日が今時分あったなあ。
体はついていけるだろうか。

ただ湿気は少ないので、サッカーから日に焼けてかえってきた次男は、
「高知でこの気温より涼しい。これより低くても暑かった」と。
 
畑はからからだけど、先日植えた種からは芽が出て来ました。
さあ、これから草と悪戦苦闘だ。
高知ほど虫はいないことが救い。