2011年12月31日土曜日

餅つき




クリスマスイヴにオーストラリア人と日本人の夫婦の家でパーティーがあり、餅つきをしました。
すごい取り合わせダナと思って…
つきたての餅をほおばり、「うーーーん、日本人に生まれてよかった」と言うオーストラリア人!
いろんな人が集まり楽しかったです。

彼が言うには、どうして日本人がこんなに餅にこだわるのかわからなかったそうです。
でも餅つきをしてつきたてのお餅を食べてわかったそうです。
それが、「日本人に生まれて良かった」。

私が小さい頃は田舎に住んでいても核家族の一人っ子。
家族で餅つきの記憶はありません。
母の実家にお正月は集まっても、餅つきは終えていたのか、頼んでいたのか、買っていたのか…
あーおじちゃんたちがついているのを見たことあるようなないような…

北海道ではよく見かけました。
保育所でもやったし、近所の農家さんの餅つきにもお邪魔したりしました。

ここ高知でも家でついたお餅をいただいたり、小学校で餅つきをしたりしました。
干し芋を混ぜたり、蓬を入れたり、きび餅なんかも良く見かけます。
高知も餅好きが多いようです。

地方で形が違ったり、お雑煮が違ったり、色んなお餅がありますね。
長崎(出身地)にはかんころもちがあります。
お餅と聞いて縁起の悪いことはないし、文化ですよね。
つきたてのお餅は美しくてあったかくてやわらかくておいしい。
まさに日本人の幸せを感じます。

皆様、それぞれのおいしいお餅をほおばる、良いお正月を迎えられますよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿